株式会社菊田工務店 福島市 新築・リフォーム・不動産・注文住宅は木造軸組工法で設計・デザイン・施工する菊田工務店へお任せください。
S様邸 伊達郡桑折町

献上桃で有名な桑折町にお住まいのS様のお宅は、当社で建ててから築38年が経ちます。今の家を建てる前のお宅は、冬に雪が降ってくると、屋根の隙間から雪が居間に入ってくるというとても寒いお家だったそうです。

これでは福島の寒い冬は大変だと、S様のお父様が当社菊田工務店に依頼を頂き、建てさせて頂きました。

当時、契約が決まり建前の時には、柱の多さや梁の太さなど、そのしっかりとした造りに、ご近所からは驚かれたそうです。

S様邸は、使用した木材へのこだわり、高く風通しの良い天井、日当りの良い間取りなど、日本の家の知恵が反映された、昔ながらの田舎づくりのお宅です。当時の社長(現会長)は寒さはもちろんのこと、丈夫で強いお家を造ることを基本としていました。

当時、建前が終わった直後に宮城県仙台沖地震が発生し、このエリアでも揺れとても不安だったそうですが、しっかりとした基礎があったおかげで、問題なく施行を進められたそうです。

そして2011年におこった東日本大震災を経験。福島市桑折町は、他の場所より強く揺れたそうで震度6強を観測したそうです。心配していた、家の被害は、予想に反して瓦が落ちたのと、キッチンの食器棚が倒れるなどしたものの、壁や柱といった大きな外傷はなかったようです。

土台や骨組みをしっかりとした造りにしたので、大きな揺れにもたえられたのだと思います。また木造だからこその柔軟性も影響したのだと思います。

一点だけ残念な影響と言えば、放射能による地域の汚染だといいます。お孫さんやご親戚家族が遊びにくる回数が減ってしまうのではないかと、心配している様子でした。

S様は、振り返ってみて弊社に頼んでよかったと言ってくださいました。
もちろんオシャレなお家もすてきで良いですが、きちんと住む人の安心や快適さを第一に考えた木造建築の良さを、当社菊田工務店では、お伝えして理解していただければと考えております。